暑い夏がやってきました。参議院選、都知事選と熱く政治を語るときですが、何かもの足りなさを感じます。標語的な政策を並べたり、上面だけのデータで物事を示したりなどなど、これでは真摯に国民や都民と向き合っているとは思えません。
勝利するための政策や手段に惑わされてはなりませね。
 参議院選は、数の上では与党の勝利に終わりました。しかし、全国32の一人区で野党共闘が実現して11人が当選し、中でもTPPや震災復興を抱える東北地方で自民党を破ったこと、沖縄では現職大臣が落選したことなどは、選挙民の政治に対する真摯な想いの勝利とエールを送りたいと思います。



ブログ:田中和子のたて・よこ・ななめ


動画