平和憲法の改悪、原発再稼働、TPP参加など課題が多い中、日本の将来を託すことにつながる参議院選が終わりました。肝心な問題は争点がぼかされ、アベノミクスというリスクを背負いそうな経済・財政対策にベクトルが動いた選挙でした。しっかり自民党政権をウォッチしていかなければなりません。
 ネット選挙が解禁され、有権者の投票率アップが期待されましたが、残念ながら投票率は52.6%、過去3番目の低さでした。ビッグデータを分析し、リスク管理を徹底的に行い、公認候補を管理した政党、競い合う相手候補者の行動を記録した動画を流し、「誹謗中傷ではない」とした候補者など、勝つためには何でも有のツールにもなってしまいました。
 政治は暮らしそのものですが、パンを得るだけのものではありません。政治をどうとらえるか、情報をどう判断するか、私たちに課された課題です。