田中和子の区議会レポート




田中和子の意見・異見

どこに建設するのか、福祉センター、教育センター

◆区役所内に「福祉センター及び教育センター建て替え等検討会」が設けられている。
メンバーは企画政策部、福祉部、介護保険部、施設管理部、教育推進部の関係各課と総務部長で構成され、区民不在で検討が行われている。これまで4回開催された検討会の会議録には、なぜか福祉センターと教育センターを同じ建物に設ける合築が前提となり、既に3候補地があげられ、統合により廃校になる区立第五中学校敷地が施設整備の面から合築の条件を一番クリアしていることが報告されている。

◆ 障害をもった子ども達の支援の方法として「障害のある・ない」という観点に立つのか、「障害のある・ない」にとらわれず、「子育て支援」の観点に立ち、一人ひとりの子に適した支援を行うのか、それにより建物も変わってくる。私は「子育て支援」の観点からの支援が望ましいと考える。個人的提案であるが「子ども未来館(仮称)」を建設し、教育センターの機能拡充を図るとともに、あらゆる子どもたちの支援を行うことができればと思う。特別支援教育や未来に向けた科学教育、情報教育、教員研修に大学の力を借りることも可能な東大に隣接した旧四中跡地が適地と考えるが、候補地にあがっていない。

◆「子ども未来館(仮称)」とは別に、学業を終えた人達には、それぞれの人生の歩みにあわせ、就労支援、自立訓練(機能訓練)事業、生活介護事業、入所施設など総合的な施設を交通の利便性の高いところに設けるべきだ。五中敷地は障害をもった人達や親子連れが通うには決して最適な土地ではない。

◆現在、旧四中跡地は体育館の建て替え候補地にあがっているが、体育館は湯島の現地で建て替え可能である。また、東大から申し出のあった旧四中跡地を無償貸与する計画に区民の反発があるのは当然であるが、東大が主導権をとる使い方ではなく、区の姿勢をはっきり打ち出し、東大の持てる力をお互いのために役立てればよい。多くの区民意見を聴取し、最初から区民参画で検討すべきだ。



戻る