田中和子の会ニュースから




当選してからがスタート
勝因についてひと言

○オメデトウございます。
本来は田中さん本人に言うよりは、田中さんを支持する区民の思いを何とか実現しようと、投票をした一人ひとりに「良かったね、当選して」とオメデトウを言うべきでしょう。時々しか事務所に顔を出せず申し訳なかったのですが、数少ない男性として勝因についてヒト言!

○ まず一番良かったことは、田中和子さんが最後まで、生真面目に政策を語り続ける姿勢を持っていたことでしょう。
しかしそれだけならテクニックだけでもできることです。それよりもっと良かったことは田中さんの背景が整っていたことです。

○それは普段から事務所が常時開放されていることです。
日常的に違和感なく区民の中に溶け込んでいるのですから……。政治と生活はかけ離れていると感じている多くの区民に、別ではないんだという親近感を感じさせたと思います。政策にも日常的に触れられますしね。

○それとスタッフが良かったですね。
采配を振るう活動家らしきリ−ダ−がいなくて、町の普通のおじさんおばさんがニコニコと手伝っていたことにとても安心と信頼を感じました。そのスタッフの性格や個性がいろいろなことも良かったです。どの区民にも合い通じる面をスタッフの誰かが持っているからです。しかしこれからはなお大変になるでしょう。

○田中さんが成長して大きくなればなるほど立ちはだかる壁も大きくなります。
信念が強い余り、自分と異なる意見の人を遠ざけたり突き放したりしないで、むしろ自分の方に引き寄せる粘りと柔軟さが必要かもしれません。私の信条ですが「理想を内在しつつ現実にはしたたかに」を望んでいます。
(永井 元)



みんなで頑張った選挙運動・・・・・・ひとこと感想です
皆様のご支援に感謝いたします

■田中さんが前回より2倍ちかく票をのばして当選したことはとても重要に思えます。主張が見えない新人ヤング美顔系への投票傾向がある一方で、4年間の議員活動を評価し、田中和子さんに再度区政を託した区民も大勢いたことを示しているからです。選挙後、ごご近所の皆さんから、「本当によかった」と私も声をかけられました。(K.I.)

■区政に関心の薄かった主婦の私が、週に一度の事務所当番や初めての選挙のお手伝いをしました。田中和子さんがたくさんの方々から厚い信頼を寄せられていることを肌で感じ、政治が身近なものであること、その大切さを学びました。熱気あふれる1週間、貴重な体験をしました。(K.M.)

■今回の選挙期間中は、1期目より、事務所を訪ねてくださる方の数がずっと多く、お一人おひとりが田中さんを支えていてくださったことを確信しました。それは田中さんが誠実に、地道に4年間で実績を積んできた証拠でもありましょう。文京区に住む私たちの声を、これからも議会に届けていく田中さんを微力ながらも支えて行きたいと思います。
(Y.W.)

■職業を抱えながらの活動は微力でしたが、自分に出来ることを精一杯やってきました。今回9位という結果をいただき、皆で喜び合えたことはとても感謝でした。さまざまな難題を乗り越えてきた田中和子さんのエネルギーとリーダーシップは素晴らしく、一人の女性としての目標になっています。(K.O.)

■田中和子さんとともに自転車部隊として町内を回り感心したことは、まちの角々どんな場所でも政策を訴え、名前の連呼だけはしない、その真摯な姿勢が信頼につながったと思います。疑問をぶつけると、自分の足で速やかに調べていねいに答えてくれる田中さん。そのエネルギー源は良く食べること。ますますエネルギッシュに正義の味方であって欲しいと思います。おばさんシェフたちは応援団で支えます。(K.T.)

■選挙期間中の田中さんの活力の源の食事づくりを担当しました。1週間事務所の中での応援です。毎日、たくさんの人が激励に来てくださいました。選挙の結果も4年間の実績を区民がきちんと見ていてくださったのだと、本当にうれしく思いました。2期目も区民の声をしっか   り議会に反映させてください。(T.O.)

■40年ぶりに「ウグイス嬢?」をしました。田中さんの考える区政を一人でも多くの人に届けとマイクを持ちましたが、切々と丁寧に自分の気持ちを伝えようとする田中さんの姿に心打たれました。(R.F.)

■今回の候補者の中には、明らかに選挙の時だけのポーズ、うわべの政策で当選するという不思議を見た。区民は選挙後の議員の活動をチエックするとともに、政治はわが身と、もっと関心をもつべきと思う。これからの4年間、区民の代表として和子さんの信念を発揮してください。(K.O.)

戻る