2006年文京区議会第2回定例会は6月27日から7月13日まで開催されました。また、6月9日には「区立小・中学校の将来ビジョン(素案)」の審議のため、文教委員が開催されました。
この素案は、文京区教育推進部の幹部職員が十数回の検討を重ねて作成しましたが、検討にあたっての資料と会議録の情報公開請求を行いましたが、「非公開」。その理由は「不存在」のため。
教育推進部のこんな仕事の仕方は、世間では通用しません。
広範な区民意見に耳を傾けることもなく、区民を無視し、強引に物事を決めようとする区政に対し、イエローならぬレッドカードを突きつけたいものです。

区立小・中学校の将来ビジョン(素案)における学校統廃合計画はこちらをご覧下さい。